花・ガーデニング

紫陽花

紫陽花のシーズンも終わろうとしています。

今咲いている紫陽花をドライにしたくて
そのまま咲かせておきたいんですが
8月以降に翌年の花芽が出来るので
遅くとも7月中にはカットしないといけないんです。

通常の紫陽花はそうなんですが
アナベルは違うんですね、
アナベルの花芽は来年の4月以降に作られるので
ドライになるまで咲かせておけるんです。

今までアナベルをきれいなドライにしようと
切る時期とか吊るす場所とか
いろいろ試行錯誤していたのですが
そんな苦労はいらないみたいです(笑)
f0129726_21595473.jpg


アナベルはただ咲かせておくだけで
簡単にドライになるようです。

これは6月初旬の写真です。
アナベルは咲き始めが緑色です、
f0129726_22320848.jpg



そして咲き進むと真っ白に変化します。
6月中旬頃の写真です。

f0129726_22385113.jpg







そしてピークを過ぎるとまた緑色に戻ります。
7月上旬、今朝の写真です。
f0129726_22421665.jpg

こうなると花びらが少しカサカサした感じになっているのでここで切ればいいみたいです。

日曜日にまたアナベルの挿し木をしたんですが
f0129726_22505989.jpg


その時カットしたアナベル、
小雨の日だったので濡れてたんです。

ドライは無理だと思ったのですが念のため
水なしのビンに挿しておいたら勝手にドライになってました。

f0129726_22145949.jpg

よく晴れた日にカットして
クーラーの前に吊るしておくとか
真夏の車の中へ吊るすとか
いろいろ今までやってみたのですが
こんな梅雨真っ盛りの、それも濡れたままのアナベルが
簡単にドライになってびっくりです(笑)

もう少し咲かせたまま楽しんでから
残りのアナベルをカットすることにします。





名前
URL
削除用パスワード
by chiffonmini | 2015-07-09 23:02 | 花・ガーデニング | Comments(0)

お菓子を焼く、ミシンで縫う HANDMADE 大好きな しふぉん@ばぁばです。最近ガーデニングもはまっています!


by しふぉん@ばぁば
カレンダー