人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ソーイング

ミシンの糸調子

前回のミシンの「糸調子」の記事に
「ミシン嫌いになったのは、上下の糸調子の合わせのせいでした」とコメントを頂きました。

これ、本当によくわかります、2~3日前までの私もそうでしたから。

ずっと昔、糸調子を合わせるのに買ったばかりの糸を一巻きまるまる使い切ってしまった事があるのです(涙)

「少しずつ上糸のネジを回して調節する」ってミシンの取扱説明書に書いてありますよね。

だからホントに少しずつネジを回して縫って、また少し回して縫って・・・・ってやっているうちに糸がなくなりました。

去年、ミシンの糸調子があまりにひどいのでミシン屋さんに来てもらいました。

「私はミシンの糸調子の調節が嫌いです」と言ったら、
ミシン屋さんは細い糸(60番)に合う位置に糸調子を合わせてネジにマジックで印をつけて
「細い糸はこの位置で、太い糸(30番)の時はこのネジを三回右に回してください」

ミシンの糸調子_f0129726_21433073.jpg


このとき私が驚いたのは「上糸のネジを三回も回す」と言う事でした。
(私のミシンは職業用です)


え~~~~、ネジって少しずつ回すんじゃなかったの~、
三回も回しちゃっていいの~?

私が糸調子がうまく出来なかった理由は、ネジの回し方が全くもって足りないって事だけは確実に理解しました。


せっかくミシン屋さんに調節してもらっても一年も経つと
「うっ、3回まわしたっけ?」とか
「あれっ、左にまわしたっけ?」とかでだんだん糸調子が狂ってきたところでした。


でもボビンケースを太い糸、細い糸にその時々に調整し、
その度に上糸ネジを合わせるなんてとても出来ないな~とあきらめていました。


そんな時にとろさんの「薄地用」「厚地用」とボビンケースは2つ用意する
ミシンの糸調子_f0129726_2214160.jpg


という記事を見つけたのです。

「あっ、これならできるかも・・・・」と思って早速ボビンケースを買ってチャレンジしてみると・・・・。
(三日前です)

60番用はボビンケースのネジをゆるめに
30番用はきつめに調整。

そして(少しずつでなく)大胆に上糸ネジを回して調節してみると
なんとあっさりクリアー、60番も30番もなんとか糸調節ができるようになりました。

長年のトラウマが見事に解消!
糸調子が合わせられない・・・という劣等感からやっと解放されました。

ほんと「とろさまさま」です(笑)

これでやっと心おきなくソーイングが楽しめるようになりました。


ミシンの糸調子、苦手な方がたくさんいらっしゃるんじゃないかと思って
私の体験をアップしてみました。

もうこれで怖い物はないぞ~~~~~(笑)
トラックバックURL : https://chiffon32.exblog.jp/tb/13708308
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by とろ at 2010-05-14 23:56 x
こんばんは。自分とこのブログ更新とコメント返信が終わり、
こちらにゆっくりお邪魔しに参りました。

トラウマ克服おめでとうございます!
私も会社に入ってやり方を教わって驚きました。
職業用と工業用は、ネジをぐりんぐりん廻すんですよね。

私はやっていませんが、確かこういうやり方もあったような。
ネジを一番左まで廻しきったところを0時0分として、
右に三回半まわしたら3時半、
そこからさらに二回ちょっと廻したら5時40分、みたいな
数え方をするの。どこで教わったか忘れましたが。

でも、そこまでしてギチギチにネジ位置を管理するよりも、
その都度残布で試し縫いするのが一番と個人的には思います。

しふぉんさんのミシン生活の、いっそうの充実を祈ってます♪
Commented by chiffonmini at 2010-05-16 09:24
とろさんのおかげでトラウマ克服です、感謝~!

そうか、職業用、工業用がグルグル回すのですか、
う~ん、ミシンも奥が深い!

家主さんのの一言:「ブログ書いてる間に別の物が作れるんじゃ?」
ほんとにその通り、とろさんもご無理をなさらないようにして下さいね!
名前
URL
削除用パスワード
by chiffonmini | 2010-05-14 22:28 | ソーイング | Trackback | Comments(2)

お菓子を焼く、ミシンで縫う HANDMADE 大好きな しふぉん@ばぁばです。最近自作のドライフラワーにはまっています!


by しふぉん@ばぁば