人気ブログランキング |

絵本

旅の絵本

安野光雅「旅の絵本」シリーズ
うちのこども達が小さい頃から大人になるまで家族で楽しんだ本です。
旅の絵本_f0129726_21273056.jpg

小さい頃は、各ページのどこかを旅している「旅人」探し、
童話を知ってからはそのキャラクター探し、

名画の模写、歴史上の有名人、映画のワンシーン、それにだまし絵まであります。
知識がふえ、大人になるにつれますます楽しめる絵本です。
誰かがこの本を出してくると、この本を囲んでわいわいがやがやキャラクター探し競争に熱中したものです。

ゴッホのはね橋、ミレーの晩鐘、スーラのグランド・ジャット島の日曜日の午後
おおきなかぶ、あかずきんちゃん、くまのプーさん、うさぎとかめにアリババ
禁じられた遊び、メリーポピンズ、キングコング、エマニエル夫人
ベートーベン、マリリンモンロー、チャップリン、ビートルズ、チャールズとダイアナまでいます。
(旅の絵本Ⅰ~Ⅳアメリカ編まで)
これはほんの一部です、安野さんの遊び心満載の絵本なんです。

最近「Ⅴスペイン編」、「Ⅵオランダ編」も出版されたようですね、知りませんでした。

「もりのえほん」は隠し絵本です、森の中にたくさんの動物が隠れています。
この本は最後に何の動物が何ページにいるか書いてあるんですが未だに見つからない動物がたくさんいます。

「蚤の市」古くなった道具類を売っている中世ヨーロッパの蚤の市、
売っている古道具とその周りにいる人々を詳細に描き出した本です。
ちょうちん、唐傘、こけし、大福帳など日本の古道具を並べているページもあって京都の「東寺」の骨董市を思い出します。

安野さんの本は、いつまでも大事に手元に置いておきたいと思っています。
こればっかりはこども達に譲れませんね~!
トラックバックURL : https://chiffon32.exblog.jp/tb/5409876
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by k_hanamidori at 2007-05-20 22:45
 歌の絵本もこのシリーズと似ていますよね。
私の「さくら」とかの童謡はこの本のイメージです。
「もりのえほん」が欲しいなぁ。
Commented by しふぉん at 2007-05-21 21:04 x
日本の風景も書いていらっしゃったんですね、
安野さんというと中世ヨーロッパがうかんできてしまいます。
「旅の絵本」のイメージがあまりにも強くて・・・。

「もりのえほん」楽しいですよ、この本を真ん中にご家族で頭を寄せ合って動物探しに熱中してください!

名前
URL
削除用パスワード
by chiffonmini | 2007-05-18 21:55 | 絵本 | Trackback | Comments(2)

お菓子を焼く、ミシンで縫う HANDMADE 大好きな しふぉん@ばぁばです。最近ガーデニングもはまっています!


by しふぉん@ばぁば