人気ブログランキング | 話題のタグを見る

読書

中原の虹

浅田次郎「中原の虹」読了

この「中原の虹」は浅田氏の著作の中で私が一番好きな「蒼穹の昴」の続編にあたり、首を長くして待ち望んでいた小説です。

中原の虹_f0129726_21493185.jpg


日露戦争後、滅亡への道をたどる清朝末期、
王朝の混迷を一身に背負う西太后、
俗物であるにもかかわらず玉座を狙う袁世凱、
「汝、満州の王者たれ」と老占い師に告げられる満州馬賊の張作霖、

歴史上でどちらかといえば悪役と評価されている人物達ですが、浅田氏の解釈は新鮮でおもしろかったですね。
歴史小説愛好家を気持ちよくだませれば作家冥利に尽きると言うものでしょう。

そして「蒼穹の昴」からおなじみの春児と梁文秀、
もう少しこの二人の「その後」を期待していたのですが・・・。

4巻まで読み終えてなお、少々食い足りなさを感じていたのですが浅田氏は当初4部作の構想が6部作に膨らんでいると言う事なので続編を楽しみにすることにします。

「蒼穹の昴」の最後にちらっと顔を見せた少年時代の毛沢東
当然ここに繋がる時代を書き綴ってくれるものと期待しています。
トラックバックURL : https://chiffon32.exblog.jp/tb/7068119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 華太后 at 2007-12-16 19:02 x
私も食い足りなかった。。。

 間が開いてしまったことも有ると思うんですが…。

毛沢東まで続かないと、この状態は~^^;。
玉。本当に何処かにあって欲しい気分です。
Commented by しふぉん at 2007-12-16 20:21 x
食い足りないですよね。
梁文秀の「その後」をもう少し書いて欲しいと思いました!
Commented by 華太后 at 2007-12-17 07:53 x
私は、張学良と、帝王の玉 のその後。

続く2巻は、連載されるそうですね。(関西方面E様情報です)


玉は学良さんと共に、ハワイで散るのか…と考えましたが、E様は毛沢東さんまで渡る・・・?と。その後無くなるのでは~?私は江青さんが知恵のないまま、何か解らず壊しちゃうのでは?と考えたり。ダイヤモンドは壊れませんよね^^;。

考えてるだけで愉しいです。
Commented by しふぉん at 2007-12-17 22:26 x
やはり連載は決まっているのですね、その情報はうれしいな!

わたしも龍玉は「毛沢東に渡る」に一票かな。

名前
URL
削除用パスワード
by chiffonmini | 2007-12-15 22:10 | 読書 | Trackback | Comments(4)

お菓子を焼く、ミシンで縫う HANDMADE 大好きな しふぉん@ばぁばです。最近自作のドライフラワーにはまっています!


by しふぉん@ばぁば
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31